アトー製品情報

最高感度化学発光撮影装置

ゲル撮影・イメージング 高感度化学発光・蛍光・可視光イメージング装置
WSE-6270LuminoGraphⅡEM

圧倒的!!超感度ゥケミルミ撮影システム 研究を次のステージに導きます。
アトーが持つ撮影装置開発の技術、ノウハウを全て集約。
超高感度EM-CCDカメラ、歪みの少ない「F0.8」高感度レンズにより微弱な発光を検出し、研究を協力にサポートします。

WSE-6270 LuminoGraphⅡEM

LuminoGraphⅡEM

LuminoGraphⅡEM LEDオプション

オプションで、蛍光励起用LED光源を追加可能

目的・用途

●EM CCDを搭載した次世代モデル

●最高感度を支える基本技術

・超低ノイズ「-40℃」冷却EM CCDカメラ

・EM GAIN機能で短時間での発光検出を可能に

・「F0.8」超高感度レンズ搭載

・自動露光機構「AutoExpose」で高感度・広ダイナミックレンジ

・撮影サイズ 最大273×180mm 最小106×70mm

●多彩な光源オプションで多用途な検出を1台で可能に

製品特長

●EM-CCD搭載の圧倒的な感度

LuminoGraphⅡEMには高感度検出を可能にするEM-CCDが搭載されています。

「-40℃」の冷却技術と組み合わせ、従来よりも約50倍の感度を実現しました。

ゲインWEB用

●圧倒的な高感度レンズの性能「F0.8」

LuminoGraphⅡEMには世界最高峰の高感度を誇る「F0.8」レンズを採用しました。

競合製品の高感度レンズと比較すると10~300%も明るく、微弱な光を検出することを可能にします。

デジタル処理に頼らない、低ディストーション性能により、広い画角を実現しながらも、歪みやボケの少ない高解像度な描写を可能にします。

レンズWEB用2

●様々な検出試薬に対応

LuminoGraphⅡEMは様々な試薬の検出のため、光源を追加することが可能です。

Blue光源、Green光源、Red光源、Cyan光源、UV光源、白色透過光源他、シリーズ初となるNIR光源を準備しました。

光源WEB用

製品の仕様
型式・製品名 WSE-6270 LuminoGraphⅡ EM
カメラ 高感度冷却EMCCDカメラ
レンズ F0.8 高感度レンズ
撮影データ 2460×1620ピクセル 16bitTIFF/16bitCCD(8bitTIFF・JPEG・BMP変換可能)
画角 最大273×180mm 最小106×70mm
フィルター 手動スライド式3ポジション切替方式(50mm角型フィルター)
制御ソフト ImageSaver7 Windows版 Windows10/8.1 64/32bit対応
寸法・質量 365mm(W)×330mm(D)×580mm(H) ・ 21kg(本体のみ)
電源・消費電力 AC100-240V 50/60Hz 最大200W

LuminoGraphⅡEMカタログ(4page)

LuminoGraphⅡEMカタログ(12page)

オプション・消耗品一覧

本体価格:3,000,000円 ~Prices shown are domestic prices valid only in Japan

製品コード 製品名 価格 数量
2006270 WSE-6270 LuminoGraphⅡEM 1式 3,000,000円
2006271 WSE-6270-CS LuminoGraphⅡEM 1式 3,200,000円
2006272 WSE-6270-CSP LuminoGraphⅡEM 1式 3,400,000円
2006275 WSE-6270CyW-CP LuminoGraphⅡEM 1式 ※ウエブ会員限定キャンペーン 3,200,000円
2006274 WSE-6270FW-CP LuminoGraphⅡEM 1式 ※ウエブ会員限定キャンペーン 3,600,000円
2006276 CyanⅡ蛍光撮影キット 1組 300,000円
2008152 WSE-5610 CyanoViewⅡ 蛍光励起用透過型シアン光源 1台 250,000円
2006279 白色撮影キット(CBB染色ゲル等撮影キット) 1組 100,000円
2006280 UV蛍光撮影キット(WSE-6270用) 1組 300,000円

※ ウェブ会員限定キャンペーン は会員登録が必要です。https://www.atto.co.jp/register より登録ください。

資料ダウンロード DOWNLOAD

各種資料(PDF形式)をダウンロードいただけます。

  • PRODUCTSカタログダウンロード
  • (M)SDSダウンロード
  • 実験のコツダウンロード

このページの先頭へ