Home アトー製品情報 試薬 EzApply (イージーアプライ)

製品情報

アトー製品情報

SDS-PAGE試料調製用バッファー

試薬 電気泳動関連試薬/泳動サンプル調製
AE-1430 EzApply (イージーアプライ)

タンパク質のSDSポリアクリルアミドゲル電気泳動用の試料調製用バッファーです

製品仕様 製品資料 SDS 価格・オプション

実験コストダウンをATTO高性能・高品質試薬で!

AE-1430型 EzApply (イージーアプライ)

AE-1430型 EzApply (イージーアプライ)

EzApplyC+泳動パターン

EzApplyとの泳動比較

(試料処理による泳動パターンの違い

  詳細は資料を参照ください )

目的・用途
  • タンパク質・ポリペプチドの抽出
  • SDS-PAGE用サンプルバッファー
製品特長
  • 還元剤にDTT(ジチオスレイトール)を使用
  • 2-メルカプトエタノール(2-Me)より確実な還元反応を目指す
  • 2-メルカプトエタノール(2-Me)より疑似バンドが出現しにくい
  • 試料溶液と1:1で混合するだけの簡単調製
  • 低ランニングコスト
  • BPB(先端マーカー色素)入り
製品の仕様
型式・名称 AE-1430 EzApply(イージーアプライ)
主成分 トリス-HClバッファー, SDS, ショ糖, DTT, BPB
構成品形態 EzApply溶液/30mL容器  1個
DTT溶液/5mL容器 5個
使用前の調製 2×ストック溶液:DTTボトルにEzApply:5mL分を加えて調製
泳動サンプル調製:DTTを溶かした溶液をサンプルと等量加える
調製後の容量 5mL×5
使用量 5mL×5
保存期間 -20℃で6ヶ月(DTT溶解前)

製品資料

ちょこっと豆知識 『SDS-PAGE用サンプル調製』
サンプル調製

サンプル溶液と還元剤やSDSが含まれたサンプル処理液を混合します。その混合液を95℃で3~10分間加熱し、還元およびSDS処理を行います。これでSDS-PAGE用のサンプルは完成です。

還元剤としてβ⁻メルカプトエタノールも使用されていますが、DTT はその数十倍ほど還元力が強いと言われています。DTTを使用すると還元が十分に行われるため、バンドがブロードにならず、よりシャープに分離することができます。電気泳動の結果は、試料の調製方法によっても左右されますので、還元剤の選択は良い結果を得るためにも重要です。
EzApplyは、DTTを用いた試料調製用バッファーです。ぜひご活用ください。

「EzApply & EzRunC+」 資料

 

「アプリケーションノート」

  2MB

「EzApply」 取扱説明書

「EzApply」 SDS
サンプル提供

 サンプル品のご依頼は下記ボタンのサンプル依頼フォームからどうぞ

オプション・消耗品一覧

本体価格:7,800円 Prices shown are domestic prices valid only in Japan

製品コード 製品名 価格 数量
2332330 AE-1430 EzApply (イージーアプライ) 1セット 7,800円

資料ダウンロード DOWNLOAD

各種資料(PDF形式)をダウンロードいただけます。

  • PRODUCTSカタログダウンロード
  • (M)SDSダウンロード
  • 実験のコツダウンロード

このページの先頭へ