Home Technical Info 液体クロマトグラフィー 液体クロマトグラフィー関連機器

Technical Info

Technical Info

液体クロマトグラフィー
液体クロマトグラフィー関連機器

用途

生合成したタンパク質の精製(アフィニティークロマトなど)
タンパク質抽出溶液からのタンパク質分離・精製
核酸(DNA / RNA)、糖などのクロマトグラフィー分離
核酸(DNA/RNA)、タンパク質、カーボンナノチューブなど超遠心密度勾配分離回収
電気泳動用のサンプル処理法としてタンパク質抽出液を粗精製

etc.

原理(液体クロマトグラフィー)

液体クロマトグラフィーは、タンパク質や核酸、糖などをそれぞれの性状のちがいによって分離・精製する方法です。この方法では、カラム(column)と呼ぶガラス(または樹脂)製の円柱容器中に分離用の充填剤を詰めたものを用いて、サンプル溶液(分離・精製したい物質が混ざっている)をこれに流し、目的物質を選択的に精製したり(アフィニティークロマトグラフィー)、分子サイズによって分別(ゲルろ過)します。

クロマトグラフィー

クロマトグラフィーは、カラムに詰める充填剤の性質によって様々な分離・精製が行える特長があります。また、比較的多量のサンプルを分離・精製することが可能です。
液体クロマトグラフィーでは、送液する溶液の組成を制御する「クロマトコントロール装置」、その溶液を送液する「ペリスタポンプ」、カラム溶出液の吸収を測定し、記録する「紫外吸収モニター」、「レコーダー(クロマトグラム記録)」、溶出液を分取する「フラクションコレクター」などを使用します。

アトー液体クロマトグラフィー関連製品
区分 製品
ポンプ
コントローラー
AC-5900GradiconIII
 AC-5900
グラディコンIII
   
UVモニター  AC-5100
紫外吸収モニター
 AC-5200
紫外吸収モニター
 
フラクション
コレクター
 AC-5750
バイオコレクター
 AC-5700
マイクロコレクター
 
ペリスタポンプ
SJ-1211Ⅱ-H

SJ-1211Ⅱ-H
ペリスタポンプ

SJ-1211Ⅱ-L
SJ-1211Ⅱ-L4

SJ-1211Ⅱ-L1~4
ペリスタポンプ

AC-2110Ⅱ
AC-2110Ⅱ-4
AC-2110Ⅱ-1~4
ペリスタポンプ
ペリスタポンプ
外部制御あり
AC-2120

AC-2120
ペリスタバイオミニポンプ

AC-2110Ⅱ
AC-2110Ⅱ-4
AC-2110Ⅱ-1~4
ペリスタポンプ
 

このページの先頭へ