Home Technical Info 電気泳動 電源装置の種類と用途別の選び方

Technical Info

Technical Info

電気泳動
電源装置の種類と用途別の選び方

電気泳動やブロッティングには、実験条件に応じた電流/電圧制御が可能な電源をご使用ください。

アトー電源ラインナップ
 分類 多機能/高仕様タイプ   小型・軽量タイプ
型式 WSE-3100  WSE-3200 WSE-3500 AE-8135  AE-8155
名称

パワーステーションGhibli I

パワーステーションIII

パワーステーションHC

マイパワーⅡ

マイパワーⅡ

電圧 出力 0~500V 10~1000V 5~150V 1~300V 1~500V
設定 3~500V
(1Vステップ)
10~1000V
(1Vステップ)
10~150V
(1Vステップ)
1~300V
(1Vステップ)
1~500V
(1Vステップ)
電流 出力 0~3000mA 0~500mA 0~3.00A 1~400mA
(設定によって0~)
1~200mA
(設定によって0~)
設定 10~3000mA
(1mAステップ)
1~500mA
(1mAステップ)
0.01~3.00A
(0.01mAステップ)
1~400mA
(1mAステップ)
1~200mA
(1mAステップ)
電力 出力 0~200W 0~200W なし
(出力制限
0.01~50W)
なし
(出力制限
0.01~25W)
設定 1~200W
(1Wステップ)
1~200W
(1Wステップ) 
タイマー 1~999分
(1分ステップ)、カウントダウン
連続使用
1~999分(1分ステップ)、カウントダウン
連続使用
1~999分(1分ステップ)
連続使用
プログラム 最大20ファイル保存、
1ファイルに9ステップまで設定可能
フリー21ファイル 、10ステップ設定可能10ファイル
精度

電圧:151 - 500V: ±2%+4digits、
51 – 150V: ±3%+4digits、0-50V: 表示値±1.5V

電流:301 – 3000mA: ±1%+5digits、 

0 – 300mA: 表示値±3mA

電圧:表示値±(0.2% of rdg±5digit)以内
電流・電力:表示値±(0.5% of rdg±5digit)以内
表示値±(1%FS±1digit)以内
アラーム 終了時、Err検出時 終了時、Err検出時 Err検出時、終了時(メロディ選択可)
表示 7インチ
カラー液晶
LED 3桁×2行 LED 3桁×2行
操作 感圧式タッチパネル 大きなダイヤル、キー入力 大きなダイヤル、キー入力
出力端子 並列4組 並列4組 並列2組
消費電力 300W以下 300W以下 70W 40W
寸法 119(W)×417(D)
×224mm(H)
96(W)×341(D)
×195mm(H)
74(W)×170(D)
×170mm(H)
質量 6.0kg(本体) 2.4kg(本体) 0.74kg(本体)

※ AE-8800 コンスタパワー3000 は販売を終了しました

電源の仕様について

定電流(CV)/ 定電圧(CV)/ 定電力(CW)

独自の高周波スイッチング、クロスオーバー機能

電源の仕様について
  • 高周波スイッチング方式により、電源装置の軽量・コンパクト設計を実現します。
  • クロスオーバー機能により、電気泳動中の電気抵抗値の変化と設定値に応じ、定電圧・定電流・定電力の出力を自動的に移行

例えば、定電圧モードで使用する場合、最大電流(電力) 値を設定しておけば、それ以上の電流(電力) 出力がなく、不要な出力を自動的に制限することができます。

「クロスオーバー機能」によってジュール熱の発生を抑えることができるため、支持体の温度上昇によるサンプルの変性や緩衝液の蒸発を防ぎ、電源関与のトラブルを最小限に抑えることが可能です。

Vh インテグレーター(AE-8750(旧製品)/AE-8800 型のみ対応)

電気泳動中に、支持体の負荷抵抗変動によって電圧が変化する場合、電圧×時間(Vh インテグレーター)の条件設定によって、より再現性の高い泳動が可能です。特に等電点電気泳動において有効です。

用途別対応表

接続してご使用になる泳動槽、ブロッティング装置により、必要な仕様、電圧値/ 電流値(/ 電力値)が異なります。

左記電源一覧表および下記を参照のうえご選択ください。

型式 WSE-3100 WSE-3200 WSE-3500  AE-8135 AE-8155
名称 パワーステーションGhibli I パワーステーションIII パワー ステーションHC  マイパワーⅡ 300 マイパワーⅡ 500
コンパクトスラブ/ミニスラブ
スラブ ×
冷却スラブ × ×
シークエンス × × × ×
等電点ディスク電気泳動 ×
等電点平板 電気泳動 × × ×
サブマリン型 アガロース
セミドライ ブロッティング
 高速セミドライ ブロッティング  △
ウエット(タンク式) ブロッティング × × ×

○ : 適している  △ : 条件によって制限あり  × : 適していない

  • ポリアクリルアミド電気泳動(PAGE)の場合は、比較的高い電圧(V)が要求されます。特に冷却する場合、泳動槽が大きい(電極間距離が長い) 場合は高電圧(V)が必要です。
  • アガロース電気泳動やブロッティングの場合は、比較的高い電流(数百mA ~ A)が要求されます。
    用途別対応表
  • 等電点電気泳動では低電流(0~数mA) 域での安定した出力が必要です。
  • ブロッティングでは低い電圧(V)出力が要求されることがあります。パワーステーションⅢは10V以上、パワーステーションHCでは5V以上で出力可能になりますので条件を確認ください。
  • 複数台の泳動槽を接続する場合、接続台数×電流(mA)が必要となり、電流(mA)と電力(W)が多く必要です。
  • 出力端子は電源装置内では並列に接続されています。
  • 弊社泳動槽付属のリード線は接続可能です。他社のリード線と接続する場合はサイズ・安全をご確認ください。
通電条件

通電条件は、接続してご使用になる泳動装置、ブロッティング装置の取扱説明書を参考に設定してください。

一般的には、「電流は通電面積に比例し、電圧は電極間距離(ゲル長) に比例する」という原則があります。

例えば、2連の泳動槽で、通電条件をゲル1枚あたり20mA 定電流としたい場合、ゲル2 枚をセットしたときは、通電面積が2倍になるので40mA に設定します。1mm 厚のゲルに対し、通電条件を20mA 定電流とした場合、同条件で2mm 厚のゲルを泳動するには40mA に設定する、というのも同様です。

通電条件

1台の電源装置に電気泳動槽を2台(出力端子から各々1台) 接続する場合は、上記のゲル枚数を増やしたり、ゲル厚を増やすのと同様に、通電面積が増えたことになるため(通常電源内部は並列回路です)、定電流設定なら電流値を2倍に、定電圧設定なら電圧値はそのままでよいわけです。

電圧に関しては、泳動距離が長い場合(大きな泳動装置)や温度が低い場合等は、抵抗が大きくなるのでより高い電圧を必要とする場合が多くなります。

電気泳動 安全のしおり

電気泳動を安全に実施いただくための「電気の解説書」です。是非ご一読ください。

このページの先頭へ