Home アトー製品情報 電気泳動関連試薬 EzLabel FluoroNeo (イージーラベル フルオロネオ)

製品情報

アトー製品情報

電気泳動用試料調製・蛍光標識試薬キット

電気泳動関連試薬 泳動サンプル調製・蛍光標識
WSE-7010 EzLabel FluoroNeo (イージーラベル フルオロネオ)

電気泳動(SDS-PAGE)用の試料調製をしながらタンパク質・ポリペプチドに蛍光標識(ラベル化)をする試薬キットです。

実験コストダウンをATTO高性能・高品質試薬で!
使用方法は動画でもご覧ください!

WSE-7010型 EzLabel FluoroNeo

WSE-7010型 EzLabel FluoroNeo 

泳動パターン

(検出方法の比較)

目的・用途

☆ Stain-freeのタンパク質電気泳動!

    泳動後、染脱色せずにすぐに検出 ☆

  • SDS-PAGE用サンプル調製
  • タンパク質・ポリペプチドの蛍光標識
  • タンパク質の電気泳動(SDS-PAGE、2次元電気泳動)
  • ウエスタンブロッティング
  • 免疫沈降 など
製品概要

わずか3分!あっという間の蛍光標識!

EzLabel FluoroNeoはタンパク質溶液と混ぜて「3分間」加熱するだけでアミノ基を蛍光標識します。電気泳動用調製液(サンプルバッファー)を本品に置き換えるだけで、タンパク質の蛍光標識と電気泳動用サンプル調製が完了します。蛍光標識後のカラム精製は不要で、すぐに電気泳動が開始できます。 

電気泳動終了→すぐにそのまま検出可能!

電気泳動後にBlue LEDあるいはUVで励起し、検出・撮影できます。染色・脱色操作は不要です。Blue LEDによる励起ならガラスプレートからゲルを取り出さずに検出でき、さらに銀染色レベルの高感度検出が可能です。

蛍光標識をして、いつも通りの電気泳動

タンパク質の蛍光標識をしても移動度はほとんど変わりません。また、ウエスタンブロット解析(膜上での検出、抗体との反応)にも利用可能です。

製品特長

✔ 電気泳動終了後すぐに検出可能です 
    BlueLEDやUVで励起し蛍光を確認します
    [Ex: 330 (UV), 470 nm, Em: 530 nm]
✔ ゲルの染色・脱色操作が不要です

    作業時間の節約、廃液処理不要

✔ サンプルバッファーをEzLabel FluoroNeoに変えるだけ標識が出来ます

✔ 蛍光標識後、サンプル溶液のカラム精製は不要です
✔ 蛍光標識しても移動度はほとんど変わりません
✔ BlueLEDならガラスプレートのまま高感度検出が可能です
✔ 観察後のゲルはウエスタンブロット解析(膜上での観察、抗体との反応)ができます
✔ 観察後、CBB染色や銀染色の実施も可能です
✔ タンパク質抽出用RIPA Lysis Buffer 、分子量マーカーも付属しています

製品の仕様
型式・名称 WSE-7010 EzLabel FluoroNeo(イージーラベル フルオロネオ)
構成品形態
  1. 標識用緩衝液(SDS含) Sample Buffer(5x):12mL
  2. 蛍光試薬 Labeling reagent: 10 mg
  3. 還元剤 Reducing agent (DTT): 300 mg
  4. 分子量マーカー MW marker: 600 μL
  5. タンパク質抽出溶液 RIPA Lysis buffer: 10 mL
使用量 標準操作 1サンプル(20μL)に5μL使用 、2000サンプル分
保存期間 冷凍 -20℃ 1年(未開封)
EzLFN fig4 Web

製品資料

「EzLabel FluoroNeo 」他蛍光撮影各種データ 

    → Technical Info 「DNA/タンパク質の蛍光撮影」

    

「EzLabel FluoroNeo 」 カタログ (各種データ掲載)

 (1.3MB)

「EzLabel FluoroNeo 」 取扱説明書
サンプル提供

 サンプル品のご依頼は下記ボタンのサンプル依頼フォームからどうぞ

おまけ

下記GIF画像は大きいサイズの4コママンガ(静止画像500ピクセル幅)にリンクしています。

オプション・消耗品一覧

本体価格:30,000円 Prices shown are domestic prices valid only in Japan

製品コード 製品名 価格 数量
2332333 WSE-7010 EzLabelFluoloNeo 1セット 30,000円

資料ダウンロード DOWNLOAD

各種資料(PDF形式)をダウンロードいただけます。

  • PRODUCTSカタログダウンロード
  • (M)SDSダウンロード
  • 実験のコツダウンロード

このページの先頭へ